*
*
*

Muse細胞とは「Muse細胞」~再生医療に向けて~

 依怙贔屓になるかもしれませんが、点滴投与なので体への負担が少ないこと、腫瘍を形成する可能性が低いこと、遺伝子導入や化合物添加などの誘導操作を必要せず分離できること、すでにヒトに移植が実施されている骨髄や間葉系幹細胞に含まれていること、などを考えると、Muse細胞が再生医療の本命ではないかと思われます。

 以下、株式会社生命科学インスティテュートのホームページからの引用になります。

 Muse細胞は、2010 年に東北大学の出澤真理教授らのグループにより発見された細胞で、骨髄や皮膚(真皮)などの体内に元々存在し、体を構成する様々な細胞に分化できる幹細胞です。体内にMuse細胞が注入されると傷ついた臓器に集まり組織修復します。また、点滴投与なので体への負担が少ないこと、腫瘍を形成する可能性が低いこと、一つのMuse細胞製剤で多くの疾患に適用可能なことなどのメリットがあります。
 生命科学インスティテュートでは、Muse細胞製剤を用いた急性心筋梗塞の臨床試験を2018年1月に開始し、有効性と安全性を確認したのち、さまざまな疾患を対象とした開発へ展開していく予定です。

 急性心筋梗塞に適用した場合の概略図

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    社会保険労務士・行政書士・ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  • 後援会会員募集のお知らせ

     政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。多くの市民の皆さまに、徳田けんいち後援会に、大きな力を与えていただければ幸いです。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ