*
*
*

鉄道

 2017年12月、オランダ国鉄系の鉄道会社アベリオと三井物産と共同で英国の鉄道運行事業に参入したJR東日本(東日本旅客鉄道)ですが、その後どうなったでしょうか。運営権獲得当初は、JR東日本のノウハウで慢性的な遅延が解消[ 続きを読む…]

 EU離脱が不透明になっているイギリスですが、日立が英中部ニュートンエイクリフにある車両工場を拡張する方針を表明したということで、これはイギリス国内の雇用の増大に繋がることから、いいニュースだと思います。  日立の車両「[ 続きを読む…]

 五島慶太の東急、堤康次郎の西武が首都圏や地方の観光地で群雄割拠した、ある意味で古き良き時代の話になるのかもしれません。    戦後、私鉄各社には、様々な延伸計画があったようです。  そのなかでも東久留米に関係の深いもの[ 続きを読む…]

 JR東海では、次世代型の新幹線電車「N700S」を開発しています。今後メインになるリニアとローカル線の棲み分けという問題になりますが、ローカル線はローカル線で需要があり、今後相当期間活躍し続けるわけですから、その部分で[ 続きを読む…]

 来年春のメッツアの全面開業に向けて、メッツア、飯能市、西武鉄道が一体となり、順調に準備が進捗しているようです。  コラムの筆者は、「池袋からの飯能までの特急列車とバスの往復、テーマパークの入場料、食事やお土産の引換券な[ 続きを読む…]

 日立はすでに、ロンドンとイングランド南東部を結ぶ高速鉄道ハイスピード1(HS1)、グレート・ウェスタン鉄道、スコットレール、イースト・コースト線などイギリスの主要路線に車両を納入していますが、今年の6月、新たにトランス[ 続きを読む…]

「HS2」はロンドン〜バーミンガム間で2026年から運行を開始する予定の高速鉄道です。「HS2」の車両製造をめぐり、日立、ボンバルディア、アルストム、シーメンス、パテンテス・タルゴの計5社が、イギリス政府が設立した「HS[ 続きを読む…]

 昨年の記事になりますが、日立レールヨーロッパがイギリスのイースト・コースト線向けに製作したVirgin Azuma(ヴァージン・あずま)がスコットランド北部から北西部のハイランド地方をはじめて走行した記事が目に留まりま[ 続きを読む…]

 日立の鉄道システムが、イギリスで高く評価されています。  鉄道ファンとしては、大変誇らしいことです。  以下、日立製作所ホームページからの引用になります。  ※ ビデオはもともと日立製作所のホームページにはなかったもの[ 続きを読む…]

 日立は2012年に、IEP(Intercity Express Programme:都市間高速鉄道計画)に基づくGreat Western Main Line及びEast Coast Main Line向けのClass[ 続きを読む…]

 世界的に鉄道インフラの整備が進められるなか、日立が英国で快進撃を続けています。2005年のロンドンとドーバーを結ぶイーストウェスタン鉄道向けのClass 395 174両(6両×29編成)の納入と7年間の車両保守(最長[ 続きを読む…]

 イギリスではすでに日立製作所が、2005年のロンドンとドーバーを結ぶイーストウェスタン鉄道向けのClass 395 174両(6両×29編成)の納入と7年間の車両保守(最長35年)、2012年のIEP(Intercit[ 続きを読む…]

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    社会保険労務士・行政書士・ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  • 後援会会員募集のお知らせ

     政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。多くの市民の皆さまに、徳田けんいち後援会に、大きな力を与えていただければ幸いです。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ