カテゴリー
カテゴリー
カテゴリー

政治

 厚生労働省の人事異動ですが、立場により様々な考え方があり、一連の動きは理解できます。  以下、joji.com(7/31)からの引用になります。  厚生労働省は31日、医系技官トップの鈴木康裕医務技監が退任し、後任に福[ 続きを読む…]

 アメリカ国内で独立の動きがある州として、もう一つ、テキサス州があります。もともとテキサス州は1845年に28番目の州として合衆国に併合されるまでは独立国(1836年~1845年)であり、合衆国からの独立を目指す最近の動[ 続きを読む…]

 キャレグジット(Calexit)と呼ばれるアメリカ・カリフォルニア州の独立運動が注目されています。  カリフォルニア州は人口約4000万人、連邦政府から切り離されると、経済規模では世界で5番目の国家となるそうです。  [ 続きを読む…]

 ティーパーティー運動は、米国で始まった保守派市民による政治運動です。  2009年、金融危機への対応や医療保険改革など政府の支出・関与を増大させるオバマ政権の「大きな政府」路線に反対・抗議する集会が開催され、草の根的に[ 続きを読む…]

 現在、保守は保守でも旧来の保守とは異なり、より自由な考え方を持つ立場が求められているように思われます。  かと言って、それはリベラルでもない、独自の考え方に立脚する政治思想。どうもそれを、特にアメリカでは、ニューライト[ 続きを読む…]

 昨晩、東久留米市内の成美会館で丸川珠代議員の演説会がありました。  丸川議員はテレビ朝日のニュース・ステーションでキャスターを務めていた頃から存じ上げていましたが、昨年市内でお会いする機会があったとき、そのお話をすると[ 続きを読む…]

 4月の市議選でたけみ議員の事務所にお世話になりましたので、7月13日の朝8時頃、たけみ議員が東久留米市に遊説に来たとき応援に行きました。  選挙カー(選車と呼ぶことを最近知りました。)の壇上には、衆議院議員の木原議員、[ 続きを読む…]

 昨夜、参議院議員のたけみ敬三氏のお話を聞く機会がありました。お話のポイントは、日本がこれから迎える少子高齢化社会、人口減少社会への対応ということで、そのなかでたけみ氏は、女性の活躍や移民の活用、AIやロボットの導入など[ 続きを読む…]

 メイ首相が辞任を表明しているイギリスですが、次期首相はより強硬なブレグジット(英のEU離脱)を模索するだろうということです。  国家の上にもう一つ国家があるようなEUですが、これでは多くの国を纏めることはできないと思い[ 続きを読む…]

 最近になって、小室直樹の著作を読み直したいと思うようになり、先日、普段使わない部屋にある書棚を見に行ったところ、小室直樹の著作が、ほぼ購入したときの状態で、13冊見つかりました。  30歳代の頃、通勤や移動中の電車やマ[ 続きを読む…]

 平成31年1月20日、午後5時より、パレスホテル立川で、「平成31年 木原誠二君を励ます会・新年会」が行われましたが、東京行政書士政治連盟田無支部から、小林支部長、新田先生、横谷先生、徳田の4人が参加させていただきまし[ 続きを読む…]

 多文化共生社会という理念は理念として、現実的には様々な問題が立ちはだかります。スウェーデンは2年前、シリアから大量の難民が流入したため国内が混乱に陥りましたが、端緒はそれよりも前に開かれていたようです。  以下、201[ 続きを読む…]

 マクロン大統領は昨年2017年5月の大統領選挙で国民戦線のルペン候補との決選投票のすえ勝利しましたが、そのとき感じたことは、フランス国民が国民戦線の極端な政策を嫌い、結果として移民や格差問題の解決にならない当たり障りの[ 続きを読む…]

 かねてから中国製の電子機器(パソコン、スマートフォン、ルーター、ゲートウェイ等)には、バックドア(バックドアとは、裏口、勝手口という意味の英単語。ソフトウェアやシステムの一部として利用者に気付かれないよう秘密裏に仕込ま[ 続きを読む…]

 最近、スウェーデンが戦争への備えを国民に呼びかけるなど、北欧の情勢がきな臭くなっています。  原因はロシアとの緊張関係が高まっているためで、非同盟中立国のスウェーデンがNATOに接近したことが遠因になっているようです。[ 続きを読む…]

 原子力発電はもはや高コストとなって市場競争力を失っているため、日立のイギリスでの原発新設計画には、リスクの大きさから、反対する意見も多数あります。  以下、2018年01月26日のハフィントンポスト日本版からの引用にな[ 続きを読む…]

 日立は先にウィルファ・ニューウィッドなどの原発新設計画の事業主体となる「ホライズン・ニュークリア・パワー」社の全株式を6億7000万ポンド(当時の為替レートで約890億円)でドイツ系のRWEとエーオン両社から買収してい[ 続きを読む…]

 日立は2012年、ウィルファ・ニューウィッドなどの原発新設計画の事業主体となる「ホライズン・ニュークリア・パワー」社の全株式を6億7000万ポンド(当時の為替レートで約890億円)でドイツ系のRWEとエーオン両社から買[ 続きを読む…]

 日立は2012年、ウィルファ・ニューウィッドなどの原発新設計画の事業主体となる「ホライズン・ニュークリア・パワー」社の全株式を6億7000万ポンド(当時の為替レートで約890億円)でドイツ系のRWEとエーオン両社から買[ 続きを読む…]

 この記事は、中国原発新設に対するイギリス政権の懸念を別の角度から論じています。日立、東芝、三菱も、イギリスにおける別の原発建設のプロジェクトに絡んでいて、今後の動向が注目されます。  以下、2016年08月15日のハフ[ 続きを読む…]

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ

ニュース一覧

ページトップへ