アーティクル
アーティクル
アーティクル

高市候補 コロナ禍について – 地元奈良2区最初で最後の演説より –

 「一回めも二回目も外国産のワクチンだ。治療薬は12月から1月にかけて普及し始めると思う。でも今の治療薬も外国のもの。国産でワクチン、治療薬を作る力を蓄えるのも危機管理投資。日本の薬を作る力、日本でもやって行かなけらばならない。みなさまの命を守るためにやっていく。」

 他の政治家は、何故このようなことが言えないのか。何故このような姿勢を表明することができないのか。
 不思議でなりません。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ

ニュース一覧

ページトップへ