*
*
*

豪 BCGワクチン 新型コロナウイルスに有効か臨床試験へ

 新型コロナウイルスの感染率とBCGの接種率とのあいだには、何らかの関係があるのではないか。最近、ネット上で、このような説が取沙汰されています。イタリア、スペインなど新型コロナが猛威を振るっている欧米圏と、比較的抑制の効いているアジア圏での新型コロナの感染率の相違を考えると、BCGの接種率、BCGの株との相関が見えて来る、ということらしいのですが、大変興味深い説かと思います。これに関連して、どなたかが、「だとすれば、丸山ワクチンがある」というようなことを仰っていましたが、丸山ワクチンが無害化された結核菌であることを考えると、あながち荒唐無稽な主張ではないようにも思われます。

 以下、NHK WEB NEWS(3/27)からの引用になります。

 オーストラリア南部メルボルンにある小児医療研究所「マードック・チルドレンズ・リサーチ・インスティチュート」は27日、新型コロナウイルスに効果があるかどうかを調べるため、結核予防に使われるBCGワクチンの臨床試験を開始すると発表した。

 BCGは全世界で毎年1億3000万人の子供に接種されている。発表によると、これまでの研究ではBCGを使うことで、新型コロナに似たウイルスに感染した人のウイルス数が減ったという。BCGは人間の基本的な免疫機能を強化する作用があるとされる。


2)BCGの予防接種方針を国別に示した地図を見ると、コロナウイルスの伝播速度と若者の間での広がりと相関関係があるようです。
JSatoNotesより引用
https://www.jsatonotes.com/2020/03/if-i-were-north-americaneuropeanaustral.html

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    社会保険労務士・行政書士・ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  • 後援会会員募集のお知らせ

     政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。多くの市民の皆さまに、徳田けんいち後援会に、大きな力を与えていただければ幸いです。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ