アーティクル
アーティクル
アーティクル

日本の著名な学術医療機関がCOVID-19を標的としたイベルメクチンの臨床試験を開始

 以前にもご紹介した「TrialSite News」というアメリカ・ユタ州にある団体のホームページで、北里大学病院による治験開始のニュースが報じられていましたので、掲載させていただきます。
 原文は英語、翻訳は翻訳サイトのDeepL(ディープエル)を利用させていただきました。

 以下、9月17日のTrialSite Newsからの引用になります。

 イベルメクチンの開発のきっかけとなった化合物の発見でノーベル賞を受賞した大村智教授。このたび、彼の大学である北里大学病院では、抗寄生虫薬がCOVID-19の治療薬になるかどうかを調べる大規模な臨床試験を実施することになりました。大学病院が求めるのは、軽度から中等度の症状を持つ20歳以上のCOVID-19患者240人。この研究の意図は、日本のニュースに基づいています:COVID-19を治療するための経済的な選択肢として、この薬を承認してもらうことです。

 大学が正式に研究の基礎を固めた。モナッシュ大学の研究室の実験では、細胞培養中のイベルメクチンが48時間以内にイベルメクチンを殺すことを明らかにしています。もちろん、TrialSiteでは、何十もの症例シリーズ、観察研究、さらには、COVID-19の可能性のある治療法として、低コストで入手可能なジェネリック医薬品の有望性を証明するいくつかの無作為化比較試験の結果を発表しています。実際、観察データによると、イベルメクチンはレムデシビルよりも効果的であることが明らかになっているが、レムデシビルはCOVID-19の死亡率に影響を与えることができなかった。

 しかし、もちろん、世界のほとんどの報道機関は、イベルメクチンが関与したいくつかの無作為化比較試験を認めていない、とNHKワールドジャパン(日本の国営放送)は報じている。

 研究内容

 今回の無作為化比較試験では、イベルメクチン群とプラセボ群を含む2つの群に分けて実施する。病院ではイベルメクチンの安全性と有効性を評価するために症状の変化を評価しようとしている。日本の大学が求めているのは、軽度から中等度のCOVID-19の患者240人。

 北里研究所が運営する本試験は、イベルメクチンのCOVID-19に対する治療薬としての安全性と有効性を示し、日本での承認を得ることを目的としています。

 試験実施場所

 北里大学(きたさとだいがく)は、東京都港区白金に本部を置く私立の医科大学です。タイムズ・ハイヤー・エデュケーション誌ではアジアのトップ350にランクインしています。

 北里大学病院は、1971年に学術医療センターとして開院しました。

 なお、ノーベル賞受賞者の大村は、北里研究所の副所長を務め、医療センター(現・北里大学医療センター)の設立を推進しながら、研究所の再建に尽力した。
 
 トライアルサイトニュースコメント

 イベルメクチンの安全性と有効性を検証する動きは世界中で高まっています。北米、ヨーロッパ、南米、アジアの主要な学術医療センターでは、イベルメクチンが実際にSARS-CoV-2をin vitroだけでなく、in vivoでも阻害する可能性があるという現実の世界のデータが増えています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ

ニュース一覧

ページトップへ