*
*
*

新型コロナ治療薬、アビガンの月内承認目指す-安倍首相

 昨日の記者会見で、安倍首相からアビガンの5月中の薬事承認を目指す考えが表明されました。今後どうなるかは結果を見てみなければわかりませんが、政府の意向としてこのような考えが明らかにされたことは評価されるべきかと思います。医療現場からも入院初期から医師の判断で投与しやすくするよう求める声が上がっているということなので、安倍首相が経済の立て直しへの見通しも勘案し、政治決断したということでしょうか。

 以下、Bloomberg(5/4)からの引用になります。

 安倍晋三首相は4日開いた緊急事態宣言延長に関する記者会見で、新型コロナウイルスの治療薬候補として治験が進められている富士フイルム富山化学が開発した「アビガン」について、5月中の薬事承認を目指す考えを明らかにした。

 また、米医薬大手ギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」についても、国内での特例承認を求める申請が厚生労働省にあったことを確認するとともに、速やかに特例承認手続きを進める意向を表明した。

 アビガンについては国内で約3000例の投与が行われており、効果があるという報告も受けていると語った。また、感染実態を把握するため、抗体検査を用いた疫学調査を速やかに実施したいと述べた。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    社会保険労務士・行政書士・ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  • 後援会会員募集のお知らせ

     政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。多くの市民の皆さまに、徳田けんいち後援会に、大きな力を与えていただければ幸いです。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ