*
*
*

新型ウイルスで肺炎 ぜんそく治療薬で症状の改善見られた例も

 新型コロナウィルスによる肺炎に対する治療薬として、現在、レムデシビル(エボラ出血熱)、アビガン(新型インフルエンザ)、カレトラ(HIV)、クロロキン(マラリア)などが注目されていますが、日本でも使用できるものということになると限られて来るように思われます。しかも、臨床試験や行政手続があるので、新型コロナに感染したからといって、すぐに使えるわけではありません。このような状況において、いざ自分が新型コロナに感染し症状が重症化したとき、すぐに使える治療薬があれば心強いと思います。その意味で、ぜんそく治療薬という身近な薬剤が新型コロナによる肺炎に効果があったという報告は、大変注目すべきかと思います。

 以下、NHK NEWS WEB(3/3)からの引用になります。

 新型コロナウイルスに感染して肺炎になった患者に対して、ぜんそくの治療に使われる吸い込むタイプの薬を投与したあと、症状の改善が見られたという報告が日本感染症学会のウェブサイトに掲載されました。報告した医師らは患者の数が少ないため、今後、他の医療機関と共同で効果について調べるとしています。

 報告は、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客の治療を行った神奈川県立足柄上病院などのグループが日本感染症学会のウェブサイトに掲載しました。

 報告によりますとグループは、感染が確認され、肺炎になった患者3人に対して、免疫の働きを抑えるステロイドを吸入するタイプのぜんそくの治療薬、「シクレソニド」を本人の同意を得たうえで投与したということです。

 3人はいずれも65歳以上で重篤ではないものの酸素吸入をしていましたが、いずれも先月20日にシクレソニドを投与したあと、2日程度で改善が見られ、73歳の女性は退院したとしています。

 グループは国立感染症研究所から薬についての情報を受けて投与したということで、肺に届くまで吸入することでウイルスが増殖している肺の炎症を抑える効果が期待されるとしています。

 グループは、患者の数が少なく、効果を評価できないとしていて、今後、他の医療機関と共同で効果について調べるとしています。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    社会保険労務士・行政書士・ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  • 後援会会員募集のお知らせ

     政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。多くの市民の皆さまに、徳田けんいち後援会に、大きな力を与えていただければ幸いです。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ