アーティクル
アーティクル
アーティクル

手塚治虫と東久留米市

 先日、たまたま手塚プロの関係者とお会いする機会があり、宝塚市の記念館のこと、飯能市の鉄腕アトム像のこと、練馬にあった手塚プロ、虫プロの跡地のこと、東久留米市との過去の経緯と現在の関係など、詳細な話を伺うことができました。東久留米市内にあるお住まいを買い取らせていただくなど、手塚治虫記念館を設立するには様々な方法があると思いますが、やはり東京都なり東久留米市が対応しなければ難しいというのが、お話を伺ったあとの率直な感想でした。市も老朽化したインフラの整備で今後大変になるということですが、それと町興しはまったく別の話ですので、予算配分を工夫し、東久留米市に与えられている折角のチャンスを活かしていただければと思います。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ

ニュース一覧

ページトップへ