*
*
*

小野薬品が本庶氏との対価上乗せ交渉を断念

 以前、本庶佑京都大特別教授と小野薬品とのあいだで争いになっているという報道がありましたが、どうやらそれは、特許料の対価引き上げに関するものだったようです。
 オプジーボの薬価の高さの原因は膨大な開発費にあると言われており、開発費のなかには当然特許料の支払も含まれます。本庶先生の主張は当然だとしても、現在治験が進められているがんの光免疫療法や、Muse細胞による脳梗塞治療薬、心筋梗塞治療薬、将来実用化が見込まれる慢性腎臓病治療薬が、パテントを与えたメーカーとの間にこのような事情がないことを祈るばかりです。
 少なくても光免疫療法に関しては、開発者の小林久隆先生が設備を導入する病院側の投資額としても、治療を受ける患者側の医療費としても、相当低いものになると仰っていますので心配ないと思いますが、Muse細胞による治療は具体的な話がまだ出ていないので、ちょっと心配です。

 以下、5/22(水) の産経新聞からの引用になります。

 小野薬品工業は22日、2018(平成30)年のノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大特別教授が、がん免疫治療薬「オプジーボ」の特許契約の見直しを求めている問題で、対価の上乗せ交渉を断念したことを明らかにした。小野薬品は、対価上乗せの代わりに「将来の基礎研究の促進や若手研究者育成のために京都大学への寄付」を提案しているとした。

 小野薬品と本庶氏は、平成18年に特許契約を締結。同社は「本庶氏と当社が合意のもと締結した」と主張。ただ、本庶氏側から契約見直しの要請があり、23年から交渉を続けていたが合意に至らなかった。

 対価上乗せ交渉の打ち切りと京大への寄付という代替案は、昨年11月に提案したという。対価上乗せ交渉の打ち切りについて同社は「7年間協議したが、本庶氏の考える金額との乖離はあまりにも大きい」と説明した。

 新たな提案で合意できれば、同社が本庶氏側への支払いなどに備えて26年から積み立てている引当金約172億円(31年3月末時点)の一部から支払う考えだ。現時点で本庶氏側からの回答はないという。

 また、同社は「今後も契約に基づく対価を支払う」とのコメントを発表し、18年に合意した契約に基づく特許料を今後も支払う考えも示した。

 本庶氏は4月に開いた記者会見で、同社からこれまで支払われた約26億円の対価に関し、納得できない点があるとして受け取っておらず、全額法務局に供託していることを明らかにした。また「若手研究者の育成のためにも、オプジーボの売り上げで得られる(特許料の)対価引き上げを求め、小野薬品と協議したい」と主張。1000億円規模の拠出を求めていた。

 一方、本庶氏は22日、小野薬品の発表に対し、弁護士を通じコメントを発表した。

 そのなかで「小野薬品から京大になされた寄付の提案金額は、同社が従前からしていた特許料率の引き上げ提案に照らすと、明らかに引き下げ」と指摘。「こうした経緯を明らかにしていない今回の同社の発表は意図的かつ不正確で、同社が従前の提案を復活させないのであれば、訴訟提起を検討する」とした。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    社会保険労務士・行政書士・ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  • 後援会会員募集のお知らせ

     政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。多くの市民の皆さまに、徳田けんいち後援会に、大きな力を与えていただければ幸いです。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ