*
*
*

医療技術の進歩と医療費負担の軽減

 がんの免疫療法やMuse細胞やiPS細胞を使った再生医療など、医療技術が進歩すると、健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)が伸び、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)が高まるとともに、国や地方自治体の医療費負担を下げることができるようになります。少子高齢化という別の要因はありますが、喧伝されているように、必ずしも右肩上りではありません。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    社会保険労務士・行政書士・ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  • 後援会会員募集のお知らせ

     政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。多くの市民の皆さまに、徳田けんいち後援会に、大きな力を与えていただければ幸いです。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ