*
*
*

再生医療用細胞開発のClio、三菱ケミカルHDへ全株式を譲渡

 株式会社Clioが与えられていたMuse細胞の独占的使用権が三菱系の株式会社生命科学インスティテュートに移転して過程が書かれています。

 以下、2015.5.19のVentureTimesからの引用になります。

 再生医療用幹細胞として好適な特徴を持つMuse細胞の開発を進める株式会社Clio(本店:秋田県、代表取締役社長 吉田 正順、http://www.clio-inc.com/)は2015年6月1日、三菱ケミカルホールディングスのヘルスケア事業会社である株式会社生命科学インスティテュート(本社:東京都千代田区、社長:木曽誠一、http://www.lsii.co.jp/index.html)に全株式を譲渡した。

 株式会社Clioは、2009年に設立されたMuse細胞に関する独占的使用権を保有するベンチャー企業であり、現在Muse細胞を用いた再生医療製品の臨床応用に向けた研究開発を行っている。Muse細胞は、これまでの試験の結果、心筋梗塞など組織に傷害を負った動物の静脈内にMuse細胞を投与すると、傷害組織に自発的に分化し、失われた細胞を補充、機能回復効果を発揮することが確認されているという。

 株式会社生命科学インスティテュートは2014年4月に発足し、「創薬・製薬支援」「健康・医療ICT」「次世代医療」を事業セクターとして展開している。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    社会保険労務士・行政書士・ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  • 後援会会員募集のお知らせ

     政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。多くの市民の皆さまに、徳田けんいち後援会に、大きな力を与えていただければ幸いです。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ