*
*
*

備忘録 – WordPressの投稿で「保護された通信」が表示されない場合の対処法 –

 WordPressを利用したサイトをSSL対応にした場合、Google Chromeでは「保護された通信」、Internet Explorer、Microsoft Edge、Firefoxでは鍵のアイコンがアドレスバーに表示されますが、ページによっては表示されないケースがあります。
 ファイルのなかにhttpではじまるサイト内の他のページや画像ファイルへのリンクが残存しているとこのようになるということですが、WordPressをSSL対応にする場合、すでに管理画面からWordPressアドレス(URL)、サイトアドレス(URL)をhttpからhttpsに変更しているので、過去に投稿された画像のアドレスも自動的にhttpsに変更されるように思われ、「保護された通信」にならないページがあることが腑に落ちませんでした。
 しばらくしてからWordPressの過去の投稿のなかのアドレスは自動的にhttpsに変換されず、それが「保護された通信」にならない原因であることがわかりました。試しに過去の画像のある投稿のコードを調べてみると、画像ファイルへのリンクは、やはりhttpのままでした。そして、手作業でhttpではじまる画像ファイルをhttpsに変えてみると、予想通りブラウザに「保護された通信」が表示されるようになりました。
 過去の投稿の画像のリンクをすべて手作業で変更するのも大変だと思いましたが、httpをhttpsに一括変換してくれるSearch Regexという便利なプラグインが見つかりました。使い方は簡単で、左側のメニューの「ツール」をクリツクすると、そのなかにSearch Regexというサブメニューが表示されます。それをさらにクリックすると、写真にあるような管理画面が現われます。
 Sourceの欄にはすでにPost contentが入っていますが、それはそのままにして、
 Search patternの欄に、このサイトですと、http://tokuta.net/
 Replace patternの欄に、https://tokuta.net/と入力し、
 下のSearchというボタンを押すと、その下に、冒頭にhttp://tokuta.net/がつくファイルの一覧が表示されますので、間違いがないか確認したら、右横のReplaceというボタンを押します。
 リストにあるすべてのアドレスがhttps://tokuta.net/ではじまるアドレスに変換されますので、それで問題なければ、右横のReplace & Saveというボタンを押して完了です。
 管理画面のなかからトップページにアクセスし、画像のある投稿をクリックしてみると、Google Chromeでは「保護された通信」、Internet Explorer、Microsoft Edge、Firefoxでは鍵のアイコンがブラウザに表示されることが確認できるようになります。

 なお、SSL対応前の画像ファイルへのリンクはhttpのままでも、SSL対応後は自動的にhttpsになるようです。
 数日前から複数のサイトのSSL対応の作業をはじめましたが、http/2の検証、httpsへの強制的なリダイレクトの設定などもあり、十分な準備期間がなかったため、なかなか大変でした。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    行政書士・マンション管理士・社会保険労務士
    ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  •  政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。無党派層の方たちも含め、共有可能な目標にむかって、共に歩みを進めていただければ幸いです。
     入会していただいた方には、不定期になりますが、政策に関連したニュース、トピックス等を発信させていただきます。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ