アーティクル
アーティクル
アーティクル

下里ふるさとの会 納涼盆踊り大会

 先日、法人会の大島さんにお会いしたとき、「今度、お祭りがあるから、来てね」と誘っていただいたので、今日、下里の氷川神社で行われていた「下里ふるさとの会 納涼盆踊り大会」を見に行きました。
 屋台が並び、祭りの見物客でごった返した広場で、偶然大島さんと出会いましたので、「来ました」とご報告後、広場の奥の受付で受付を済ませ、広場の上の神社の方に上って行くと、盆踊りの櫓を取り巻いた大勢の人だかりがあり、嶋崎市議、並木市長、細谷都議、柳泉園組合の鹿島さんたちと出会いました。

 祭りの規模が想像していたよりもずっと大きかったので、嶋崎市議に率直にそのような感想を伝えさせていただくと、自分たちが始めてから、今年で25回目になるというご返事でした。 
 その後、嶋崎議員の案内で、市長たちと一緒に招待客用のテントに移動し、冷たいビールやハイボールをご馳走になりながら、皆さんの歓談に加わらせていただきました。

 盆踊りが始まると、細谷都議に盆踊りに誘っていただきましたので、柳泉園組合の若い職員の方と一緒に盆踊りの輪に加わり、細谷都議が踊る姿を横目で追いながら、見よう見まねで一生懸命踊りました。夏祭りで、ご婦人たちと一緒に盆踊りを踊るのは、おそらくは小学生のとき以来でしたが、ほろ酔い気分のせいもあり、とても楽しい一時でした。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ

ニュース一覧

ページトップへ