*
*
*

ノーベル賞候補「iPS細胞」は幻?正体は活性化した多能性幹細胞「Muse」だった!

 これは大変微妙な内容の記事です。京都大学の山中教授が発見したiPS細胞が、実は東北大学の出澤教授が発見したMuse細胞ではないかというのですから驚きです。その後、どのように決着したのかわかりませんが、大変興味深い話です。

 以下、2011年に遡りますが、サイエンスジャーナルからの引用になります。

 iPS細胞は初期化ではなかった?
 京都大学の山中教授が発見した、4つの遺伝子を組み込むことで、万能性を持つようになるという「iPS細胞」。万能性を持つようになるのではなくて、元からあった万能細胞「Muse細胞」を強化しただけだとする説を、東北大と京都大の研究チームが発表した。これが、本当ならば、万能細胞はiPS細胞ではなく、Muse細胞の方だということになる。
 東北大と京都大のチームは、さまざまな細胞になる能力を持つ人工多能性幹細胞(iPS細胞)の元になる細胞を突き止めたとして、今週号の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。この細胞は、同じチームが昨年発表した「Muse(ミューズ)細胞」と呼ばれる神経や筋肉などの細胞になる多能性幹細胞。iPS細胞は体の細胞に分化した細胞が受精卵のような状態に「初期化」したものと考えられていたが、今回の研究成果は、初期化は起きず、異なる仕組みで作られることを示しているという。

 東北大の出沢真理教授(幹細胞生物学)らは、ヒトの皮膚の元になる細胞に1%ほど含まれるミューズ細胞を選び出し、ミューズ細胞の集合体と、ミューズ細胞を含まない細胞の集合体を作った。それぞれに山中伸弥・京都大教授が見つけたiPS細胞作成に用いる4種類の遺伝子を導入した結果、ミューズ細胞の一部はiPS細胞になったが、それ以外の細胞集合体からはできなかった。
 作成したiPS細胞と元のミューズ細胞の遺伝子の特徴を比べると、さまざまな細胞になる多能性に関する遺伝子の働き方が類似していた。

 出沢教授は「iPS細胞の多能性は、遺伝子導入によって細胞が初期化されて付与されるものではなく、ミューズ細胞が持っていたものが強くなったのではないか」と話している。

 定説に疑問 今後議論呼びそう
 ミューズ細胞は東北大のチームが昨年、胚性幹細胞(ES細胞)、iPS細胞に続く多能性幹細胞として発表。その性質や再生医療への応用を研究している。体細胞に含まれるミューズ細胞がiPS細胞の元になっているという今回の成果は、iPS細胞の特色である「遺伝子導入によって、体細胞を分化前の状態に初期化する」という定説に疑問を提示するもので、今後議論を呼びそうだ。

 iPS細胞が、ある特定の細胞からできている可能性は以前から指摘されてきた。iPS細胞を開発した山中教授は2009年、こうした見方に否定的な見解を英科学誌ネイチャーで公表。とはいえ、作成時に導入する遺伝子が「初期化」にどうかかわっているかは今でも明確には分かっていない。

 東北大のチームは今回、遺伝子が初期化にかかわっているのではなく、ミューズ細胞が元々持っている多能性を遺伝子が強めているのだと結論付けた。共著者の藤吉好則・京都大教授は「(謎だった)遺伝子の役割を提示できた」と強調する。

 今回、ミューズ細胞から作ったiPS細胞をマウスに移植したところ、腫瘍ができた。一方、ミューズ細胞は他の多能性幹細胞よりがんができにくい点が長所とされており、チームは今後、有効性の検証を進めていく方針だ。(毎日新聞 2011年5月31日)

 Muse細胞とは?
 東北大学の出沢真理教授らの研究チームが発見し、2010年4月20日に発表した新しい万能細胞。この細胞が大人の皮膚や骨髄の中に、iPS細胞(新型万能細胞)のように色々な種類の細胞に変化できる能力を持つ細胞が微量に含まれていることを突き止めた。

 ES細胞やiPS細胞に続く多能性幹細胞の可能性があるとして、「Muse(ミューズ)細胞」と命名した。既知の2種類に比べ増殖率は劣るが、がん化の恐れは低く、医療への応用が期待されるという。20日の米科学アカデミー紀要に発表する。

 出澤教授らは、誤って細胞を溶かす酵素を加えても生き残ったヒトの皮膚細胞の中に、iPS細胞とよく似た細胞を発見した。この細胞を拒絶反応の出にくいマウスに移植すると、皮膚や筋肉、肝臓など様々な細胞に変化した。細胞表面には、iPS細胞と同じ目印物質(糖鎖)が付着。これを目印にすると、骨髄の細胞(単核球)約5000個に1個の割合で含まれていることがわかった。ただ培養しても約2週間で増殖は止まってしまう。(2010年4月20日 読売新聞)

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    社会保険労務士・行政書士・ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  • 後援会会員募集のお知らせ

     政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。多くの市民の皆さまに、徳田けんいち後援会に、大きな力を与えていただければ幸いです。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ