アーティクル
アーティクル
アーティクル

コロナ薬候補を数十種類 スパコン「富岳」で京大発見

 京都大学の奥野恭史教授らが3日、世界最高の計算速度を誇る理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」を用い、新型コロナウイルス感染症の治療薬の候補となる物質を数十種類発見したと発表したそうです。この中に、新型コロナ向けに世界で臨床試験(治験)が進む薬剤が12種含まれていたそうですが、いずれも寄生虫の薬である「ニクロサミド」や「ニタゾキサニド」などで、ニタゾキサニドは既に米国やメキシコで治験が進行中だそうです。

 同じ駆虫薬のイベルメクチンがこのなかに含まれていたかどうか気になるところですが、寄生虫の薬であるニクロサミドやニタゾキサニドが候補に挙がったということは、調べてみないと分かりませんが、イベルメクチンと成分が似ているか、ほぼ同一なのでしょうか。

 そのイベルメクチンも、米フロリダ州、ドミニカ、ペルー、ボリビア、インド、バングラディッシュ、パキスタン、タイ、イスラエルなど、主に南米かその近隣の諸国を中心に、観察研究または治験が進められているそうです。

 最近、東京都を初めとした首都圏を中心に、全国的に新型コロナの感染者が増加していますが、この問題を収束させるには、やはりワクチンと治療薬の開発、普及しかないように思います。その意味でも、ワクチンと治療薬の開発、普及の動向には、今後も関心を持ち続けたいと思います。

 海外でのイベルメクチンの使用の情報は、「TrialSite News」というサイトに数多く掲載され、英文ですが、Google翻訳でかなり正確に翻訳されますので、関心のある方は、参照していだければと思います。

 以下、日本経済新聞(7/3)からの引用になります。

 コロナ薬候補を数十種類 スパコン「富岳」で京大発見

 京都大学の奥野恭史教授らは3日、世界最高の計算速度を誇る理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」を用い、新型コロナウイルス感染症の治療薬の候補となる物質を数十種類発見したと発表した。細胞内でウイルスの増殖を妨げる可能性がある。今後は細胞を使った実験などで効果を確かめる方針だ。

 理研副プログラムディレクターを務める奥野教授らは、富岳の高い計算力を使い、既存の薬剤2000種類以上を対象にシミュレーション(模擬実験)を実施した。ウイルスの増殖に関係するたんぱく質にくっつき、その働きを妨げる効果がどの程度あるかを調べた。

 この結果、治療薬として有望だと考えられる数十種類を絞り込むことができた。この中には、新型コロナ向けに世界で臨床試験(治験)が進む薬剤が12種含まれていた。いずれも寄生虫の薬である「ニクロサミド」や「ニタゾキサニド」などで、ニタゾキサニドは既に米国やメキシコで治験が進行中だ。

 また、日本の製薬会社が特許を持っている物質も、シミュレーションではよい結果が出たという。奥野教授は「富岳の計算でリストアップした中に、治験が進行中の薬剤が含まれていたことは、計算が正しいことを示唆している」と話す。

 今後は細胞を使った実験で、薬剤の効果を詳しく調べる。製薬会社や研究者と協力し、臨床研究や治験についても検討する考えだ。

 富岳はスパコンの計算速度を競う世界ランキング「トップ500」で6月に首位となった。2011年に首位だった「京(けい)」が1年かかる計算を数日でできる計算能力をもつ。当初、21年から運用する予定だったが、新型コロナ研究のために今年4月に前倒しで使い始めた。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ

ニュース一覧

ページトップへ