*
*
*

エボラ治療薬、新型コロナの国内患者に投与 一定の効果か

 レムデシビルは新型コロナに対する効果が期待されながら日本ではまだ使用できない抗ウイルス薬ですが、人道的な観点から重篤な状態にあった国内の患者9人に投与され、一定の効果が確認されたようです。このような報告が増え、レムデシビルのような治療薬が一般の病院でも利用できるようになると、新型コロナに対する対策も大きく変化して来るように思われます。

 以下、産経新聞(3/16)からの引用になります。

 新型コロナウイルスに感染した国内の重症患者にエボラ出血熱の治療薬「レムデシビル」を投与し、一定の効果があったとみられることが16日、分かった。国立国際医療研究センターの大曲貴夫国際感染症センター長が自民党本部で報告した。未承認薬であるレムデシビルの国内での投与が公表されたのは初めてとみられる。

 レムデシビルは米国の企業が開発し、新型コロナウイルスの治療薬候補として期待されている。3月にも日米共同で治験が始まる。

 報告などによると、国内の医療機関で2月以降、重篤な状態にあった患者9人に、人道的な観点で投与した。その後の詳細は不明だが、症状の悪化を食い止めた可能性がある。

 ただ、治療薬としての有効性は慎重に判断する必要があり、大曲氏は「(有効かは)分からない。もっと調べないといけない」と指摘した。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    社会保険労務士・行政書士・ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  • 後援会会員募集のお知らせ

     政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。多くの市民の皆さまに、徳田けんいち後援会に、大きな力を与えていただければ幸いです。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ