*
*
*

「オプジーボ」11人に副作用 1人死亡、脳機能障害で

 何かと話題のがん治療薬「オプジーボ」ですが、厚生労働省から死亡を含む重大な副作用が報告されたようです。
 血圧の薬などもそうですが、薬には大なり小なり副作用がつきものです。空咳が出る、クレアチニンの値が上昇する、肝機能障害が生じる可能性がある程度なら、治療のためにリスクをどれだけ取れるか秤にかけることは可能だと思いますが、死亡する可能性があるということになると、さすがに躊躇せざるを得ないように思います。

 以下、2019/5/9の一般社団法人共同通信社ホームページからの引用になります。

がん治療薬「オプジーボ」

 厚生労働省は9日、免疫の仕組みを利用したがん治療薬「オプジーボ」を投与された患者11人が、副作用とみられる脳の機能障害を発症し、うち1人が死亡したとして、製造元の小野薬品工業(大阪市)に、薬の添付文書に重大な副作用として追記するよう指示した。

 機能障害が起きたのは脳の下垂体で、成長ホルモンや性ホルモンなどの分泌に関わる部位。オプジーボの添付文書の「重要な基本的注意」に下垂体機能障害を追記し、投与中は定期的に下垂体の機能を検査するよう求めた。

 オプジーボは、ノーベル賞を受賞した本庶佑・京都大特別教授の発見を基に開発された薬。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    社会保険労務士・行政書士・ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  • 後援会会員募集のお知らせ

     政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。多くの市民の皆さまに、徳田けんいち後援会に、大きな力を与えていただければ幸いです。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ