*
*
*

「アビガン」新型コロナ治験開始を発表 富士フイルム

 富士フイルムホールディングスが31日、アビガンで新型コロナウイルスを治療する臨床試験(治験)を始めたようです。国内の病院で100人程度の患者に投与し、治療効果や安全性を確認し、有効性を証明できれば、早期に全国の医療機関で処方を受けられるようになるそうです。日本感染症学会のホームページに、「高血圧症・高度肥満を有しながらもシクレソニド吸入を行い、良好な経過を得た新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)肺炎」「早期のファビピラビル、シクレソニド投与にて重症化せず軽快に至ったCOVID-19肺炎の1例」などの症例報告がありますが、早期検査、早期診断、アビガンやシクレソニドなどの抗ウイルス薬による早期治療がポイントになるように思います。

 以下、日本経済新聞(3/31)からの引用になります。

 富士フイルムホールディングスは31日、抗インフルエンザ薬「アビガン」で新型コロナウイルスを治療する臨床試験(治験)を始めたと発表した。国内の病院で100人程度の患者に投与し、治療効果や安全性を確認する。有効性を証明できれば、早期に全国の医療機関で処方を受けられるようになる。世界的な感染拡大を受け、治験と並行して増産準備を進める。

 富士フイルム子会社の富士フイルム富山化学が国内で治験を始めた。アビガンは政府がインフルエンザ向けに200万人分を備蓄するが、新型コロナ向けとしては不十分な可能性が高い。富士フイルムは「国内外のパートナーとの連携体制を構築し、増産を加速させる」とコメントした。

 アビガンは中国政府が新型コロナへの有効性を臨床研究で確認したと発表。感染拡大の収束に貢献すると期待が高まっている。国内ではこれまでは研究的な投与にとどまっていたが、医薬品として承認されれば患者にとって有望な選択肢になる可能性が高い。治験は通常は半年近くかかるとされるが、今回はより短期間になる可能性もある。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    社会保険労務士・行政書士・ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  • 後援会会員募集のお知らせ

     政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。多くの市民の皆さまに、徳田けんいち後援会に、大きな力を与えていただければ幸いです。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ