*
*
*

米国発、新たながん治療法、近赤外光線免疫治療法

 近赤外光線免疫治療法というがんの治療法が注目を集めています。
 米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の小林久隆・主任研究員が開発した治療法です。

 以下、Mugendaiというサイトから引用・抜粋

 小林先生によれば、この治療法は、がん細胞だけに特異的に結合する抗体を利用するそうです。
 その抗体に、近赤外線によって化学反応を起こす物質(IR700)を付け、静脈注射で体内に入れるそうです。
 抗体はがん細胞に届いて結合するので、そこに近赤外線の光を照射すると、化学反応を起こしてがん細胞を破壊するそうです。

 近赤外線は、波長が可視光と赤外線の中間に位置する光です。
 治療には近赤外線のうち、波長がもっとも短く(700ナノメートル:nm、1nmは10億分の1メートル)エネルギーが高い光を使うそうです。
 IR700はフタロシアニンという色素で、波長700nmの近赤外線のエネルギーを吸収する性質を持っています。
 その化学反応で変化したIR700が、がん細胞の膜にある抗体の結合したたんぱく質を変性させ、細胞膜の機能を失わせることによって、1~2分という極めて短時間でがん細胞を破壊するそうです。
 
 この治療法には、ほぼ副作用はなく、安全性が確認されているということです。
 そもそもがん以外の正常細胞には抗体が結合しないので、近赤外線が当たっても害はないということです。
 また、抗体が結合したがん細胞でも、この特殊な近赤外光が当たらなければ破壊されないとのことです。
 つまり抗体が結合して、かつ光が当たったがん細胞だけを破壊するという高い選択性を持つ治療法ということです。
 近赤外線はテレビのリモコンや果物の糖度測定などに使われるおなじみの光だそうです。
 可視光と違って人体をある程度深くまで透過しますが、全く無害ということです。
 抗体は、米国食品医薬品局(FDA)ががん治療に使うものを20数種類認可しており、毒性が少ないことが証明済みなので、現在は、まずこの中から選んで使っているということです。
 IR700は、本来は水に溶けない物質で体内に入りませんが、中にシリカ(ケイ素)を入れて、水に溶ける性質に変えているそうです。
 1日で尿中に溶けて排出されるので、これも人体には無害ということです。

 この治療法は、皮膚がんのような身体の表面に近いものだけでなく、食道がん、膀胱がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん、腎臓がんなど、全身のがんの8~9割はカバーできるということです。
 また、大きさが3cmを超えるようながんでも、がんの塊に細い針付きのチューブを刺し、針を抜いて代わりに光ファイバーを入れ、塊の内側から近赤外線を照射する方法で治療できるそうです。
 がん治療には転移の問題が付き纏いますが、この治療法は、がん細胞が壊れ、いろいろながんの抗原(壊れたタンパク質)が一斉に露出することで、免疫が活性化され、その抗原を持つ他の場所にあるがん(転移がん)を攻撃しに行くそうです。
 また、免疫細胞ががん細胞を攻撃することを邪魔している免疫抑制細胞の中で主要な細胞である制御性T細胞を叩く方法でも、転移がんを治療できるということです。
 近赤外線はレーザー光発生装置で発生させますが、機器自体の値段は約300万円ぐらいですから、普通の医療機器に比べれば2桁ぐらい安いそうです。
 患者側でも日帰りの外来治療で済み、入院してもせいぜい1泊で済むそうです。

 がん患者を対象にする臨床試験も順調に進み、2~3年後の実用化を目指しているということです。
 日本国内でも年内(2017年)開始を目指して準備されているそうです。

 ips細胞やMuse細胞による外来での慢性腎臓病の治療の可能性と、近赤外光線免疫治療法による外来でのがん治療の可能性とを考えると、近年、医療技術が確実に進歩していることが感じられます。
 自分ががんになった場合は、ぜひ治療の選択肢の一つにしたいと思います。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    行政書士・マンション管理士・社会保険労務士
    ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  •  政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。無党派層の方たちも含め、共有可能な目標にむかって、共に歩みを進めていただければ幸いです。
     入会していただいた方には、不定期になりますが、政策に関連したニュース、トピックス等を発信させていただきます。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ