*
*
*

近赤外光線免疫治療法、日本でも今年3月から治験開始

 今朝テレビのニュース番組を見ていましたら、先日このサイトでも取り上げさせていただいた近赤外線免疫治療法が、今年3月から千葉県柏市の国立がん研究センター東病院で治験が開始されるというニュースがありました。
 米国立がん研究所に勤務する開発者の小林久隆先生へのインタビューでは、アメリカではすでに治験がフェーズ1(安全性の確認)・フェーズ2(有効性の確認)まで終了し、今後フェーズ3(他の治療法と比較した場合の有効性の確認)が終われば、いよいよ治験結果を纏めて承認申請に入るということでした。
 また、今年3月からの千葉県柏市の国立がん研究センター東病院での治験も年内いっぱいか来年半ば頃までにはすべて終え、東京オリンピック前には実際に治療を受けられるようにしたいというお話でした。
 末期がんの3割から4割を消失させ、しかも外来で切らずに治療できるということなので、がんになった場合には、大変有力な選択肢になると思います。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    行政書士・マンション管理士・社会保険労務士
    ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  •  政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。無党派層の方たちも含め、共有可能な目標にむかって、共に歩みを進めていただければ幸いです。
     入会していただいた方には、不定期になりますが、政策に関連したニュース、トピックス等を発信させていただきます。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ