*
*
*

東村山法人会 賀詞交歓会

 1月15日、午後3時30分から、立川グランドホテルで、スポーツ評論家の二宮清純氏による平成30年新春講演会と、東村山法人会の第30回賀詞交歓会が行われました。
 二宮清純氏の講演では、星野監督が成績低迷で中日の監督を辞め阪神へ移ることになったとき大変迷ったということで、そのとき「迷ったら動く」と考えて阪神へ移ったそうですが、それがその後の高い評価へと繋がったということです。果敢な決断が苦境を打開する上での要になったように思いますが、「迷ったら動く」という言葉が大変印象に残りました。
 明治大学ラグビー部監督を務めた北島監督がいつも「前へ」と言っていたそうですが、何か似たような意味合いを感じます。
 また、日本サッカー協会(JFA)会長を務めた川淵氏が、Jリーグをプロ化するにあたって、「前例がない」「時期尚早」という理由で反対する役員たちを机を叩いて怒鳴りつけ、「前例がないからやる」「時期尚早だからチャンスがある」と言ったそうですが、星野監督のエピソードと相まって、深い共感を覚えた部分です。

 その後、二宮清純氏も加わり、賀詞交歓会が始まりましたが、東村山税務署長、立川都税事務所長、清瀬市市長など、沢山のご来賓からご祝辞を賜りました。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    行政書士・マンション管理士・社会保険労務士
    ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  •  政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。無党派層の方たちも含め、共有可能な目標にむかって、共に歩みを進めていただければ幸いです。
     入会していただいた方には、不定期になりますが、政策に関連したニュース、トピックス等を発信させていただきます。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ