*
*
*

日立が英で標準型都市間車両「AT-300」を納入

 世界的に鉄道インフラの整備が進められるなか、日立が英国で快進撃を続けています。2005年のロンドンとドーバーを結ぶイーストウェスタン鉄道向けのClass 395 174両(6両×29編成)の納入と7年間の車両保守(最長35年)、2012年のIEP(Intercity Express Programme:都市間高速鉄道計画)に基づくロンドンと英国南西部を結ぶGreat Western Main Line及びロンドンとスコットランドを結ぶEast Coast Main Line向けのClass 800/801 866両の車両の製造と27年半にわたる保守事業、2015年のGreat Western Main Line向けの標準型都市間車両「AT-300」173両(29編成)の納入および車両の保守、2016年の標準型都市間車両「AT-300」63両(7編成)の車両の納入および保守、そして今回のイングランド北部のマンチェスターとハルを結ぶ路線に向けた標準型都市間車両「AT-300」95両(5両×19編成)の納入と保守の契約締結ということになります。
 日立はその他にも、スコットランドの鉄道路線スコットレール(Scotrail、スコットランド内を中心に3.032kmの路線長と336駅を有し、スコットランド全域の旅客列車を運行)向けの近郊車両「AT-200」3両編成46編成および4両編成24編成、営業権3年間延長のオプションが行使された際は、さらに4両編成10編成発注など、英国内で計1,630両を受注しています。

Hitachi Class 385 Train for Scotland

 その都度、独シーメンス、仏アルストム、シーメンス・アルストムその他の企業の連合体が応札していますので、日立の受注は、競合各社を排しての受注になります。
 日立はまた、ロンドン地下鉄(LU)の車両入札(3,000両が2020~30年に更新)にも参加しており、ロンドンとマンチェスター、リーズを時速360kmで結ぶ高速鉄道ハイスピード2(HS2)でも、独シーメンス、仏アルストム、カナダのボンバルディア、スペインのパテンテス・タルゴとともに最終候補に選ばれています。

 以下、日立のサイトから引用

 日立が鉄道運行会社のファーストグループ社から英国・イングランド北部の路線に向けた標準型都市間車両「AT-300」の納入および保守に関する正式契約を締結

 株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原 敏昭/以下、日立)の英国における鉄道システム事業会社である日立レールヨーロッパ社(取締役会長兼CEO:Alistair Dormer)は、このたび(2016年4月)、鉄道運行会社のFirstGroup plc(以下、ファーストグループ社)と、ファーストグループ社の子会社であるFirst TransPennine Expressが運営する英国・イングランド北部の路線に向けた、標準型都市間車両「AT-300」95両(19編成)の納入および保守に関する正式契約を締結しました。
 納入する19編成のうち、最初の数編成は日立製作所の笠戸事業所(山口県下松市)で製造し、残りの編成については、日立レールヨーロッパ社が英国ダーラム州ニュートン・エイクリフに開設した鉄道車両工場で製造する計画です。新型車両の納入は2018年の春、路線への導入は2019年12月となる予定です。
 今回納入する「AT-300」は、モダンな内装とゆとりのあるシートを備えており、高速Wifiサービスの提供により、乗車中に映画やテレビ番組をモバイル端末で楽しめるなど、利用者が快適に過ごせる環境を整えています。新型車両は、現在走行中のClass 185車両に比べて席数が161席多く、高い信頼性と効率性を実現し、利用者向けの情報提供システムを備えています。

 車両の保守サービスは、Doncastar Carr(ドンカスター・カー)とCraigentinny(クレインゲンティニー) に保有する車両保守基地で、また、夜間のメンテナンスや車両保管はEdge Hill(エッジ・ヒル) 、Heaton(ヒートン)、およびYork(ヨーク)の車両保守基地にて行います。
 納入する車両「AT-300」は、2012年に受注した英国運輸省(Department of Transport)の都市間高速鉄道計画(以下、IEP:Intercity Express Programme)向けに設計されたClass 800シリーズをベースにしており、走行地域の急勾配に対応すべく、エンジンの出力をIEP向けの車両よりも向上させるとともに、大型の燃料タンクとブレーキ抵抗器を備えています。

 今回の受注獲得により、標準型都市間車両「AT-300」の納入車両数は、既に受注しているClass395の174両やClass800シリーズの1039両と合わせ、合計1,308両となります。日立は、今後も、世界各国の鉄道計画について積極的な受注活動を継続し、鉄道システムのグローバル展開を加速していきます。

標準型都市間車両「AT-300」車両について

 日立が開発した標準型都市間車両「AT-300」は、高速での都市間交通向けに設計されており、シリーズには、2005年に受注し、英国都市部のロンドン・セントパンクラスからドーバーを結ぶ高速線とケント州沿線の在来線を走行する、ジャベリンの愛称で知られるClass395や、2012年に受注し、2015年3月に英国に第一編成が到着したIEP向けのClass800シリーズがあります。最高速度はClass395が225km/h、Class800シリーズが201km/hです。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    行政書士・マンション管理士・社会保険労務士
    ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  •  政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。無党派層の方たちも含め、共有可能な目標にむかって、共に歩みを進めていただければ幸いです。
     入会していただいた方には、不定期になりますが、政策に関連したニュース、トピックス等を発信させていただきます。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ