*
*
*

医療情報技師

 私が保有している資格は、法律系の資格が主になりますが、一つだけ、情報処理、医療系の資格があります。
それが「医療情報技師」という資格です。

 医療情報技師とは,「保健医療福祉専門職の一員として,医療の特質をふまえ,最適な情報処理技術にもとづき,医療情報を安全かつ有効に活用・提供することができる知識・技術および資質を有する者」と定義され、「具体的には,日々の診療業務に関わる保健医療福祉情報システムの企画・開発および運用管理・保守を仕事とし,保健医療福祉の現場を知り,そこで活躍することができる情報処理技術者をいいます.情報処理技術のみならず,医療情報システムに関する知識と保健医療福祉のあらゆる分野の業務と関連知識を修得する必要があり,そのような多岐にわたる知識や技術を修得するには,基礎知識の上に相当の実務経験が必要とされます。」とされています。

 医療情報技師は,その役割から,「初級の医療情報技師」「上級の医療情報技師」「医療情報部門管理者」に分けられています。

1) 初級の医療情報技師(Healthcare Information Technologist : Healthcare IT)

 上級職の指示・指導の下に、日常的なシステム運用と企画構築に参画します。すなわち、システム上のトラブル等に対しては、マニュアルなどを参照して対処できること、システムの構築・改善に関しては、保健医療福祉専門職、情報技術専門職と協力し現状調査や企画等に当たる共通的な認識を持っていること、また上級職の支援ができること等が必要です。このための基本的な情報処理技術および医学・医療に関する基本知識を有する人です.

2)上級の医療情報技師

 医療情報部門管理者を補佐し、医療情報システムに関する専門的観点から、システム運用と企画構築を担います。すなわち、保健医療福祉における情報ニーズを見出し汲み上げ実現すること、情報システムの企画、開発と運用管理について専門職種間の調整ができること、蓄積データから新しい知見を見出せること、さらに複雑な情報処理技術的な問題に自立して対処できること等が必要です。これらの能力を総合して、保健医療福祉の質の向上と、組織機関の合理的経営の支援を担える人です。

3)医療情報部門管理者

 医療情報部門の長として医療機関の経営に参画し,内外における保健医療福祉の情報化の組織的推進を総括的に担います。すなわち,医学・保健医療福祉、医療情報処理技術に関する広い経験と知識を背景として目標設定と戦略立案ができること、それに資する情報活用と必要な医療情報システムの企画構築および評価に、情報倫理に基づく総合的判断ができること、それにより組織機関の長と現場の双方に適切な提言と助言を行うこと等が必要と考えられます。これらの能力を背景に保健医療福祉の質の向上と,組織機関の合理的経営の組織的推進を担う人です。

 

医療情報技師能力検定試験

 

 「医療情報技師能力検定試験」というのは、一般社団法人日本医療情報学会・医療情報技師育成部会が実施する、病院におけるシステム化を推進する人材(院内SE)を育成するための検定試験です。
 対象は医療従事者、システム開発会社の社員、教育関係者、行政機関の職員等になります。
 教科書やサブノート、解説書、過去の試験問題を通じて、医療行為をはじめとした病院内の業務、業務間の連携、データの流れ、病院の仕組が理解できるようになります。

 試験科目は①「情報処理技術系」②「医学・医療系」③「医療情報システム系」の3科目です。
 マークシート方式による択一試験で、「情報処理技術系」と「医学・医療系」がそれぞれ50問、「医療情報システム系」が60問です。
 各科目とも、試験が実施された年にもよりますが、6割以上の正答率があれば、概ね合格圏に入るようです。
 合格率は毎年変動しますが、だいたい30 %以上で推移しています。
 科目合格制度があり、2年間有効です。
 3科目とも合格して、初めて「医療情報技師」として認定されます。
 初級・上級があり、上級は初級合格後5年間の病院勤務という受験要件があり、原則として病院勤務者以外は受験できません。
 他の国家試験のように、意欲と能力のある者に自由に受験させればいいと思いますが、なかなかそうも行かないようです。
 国家試験化を目指しているとのことですが、それを実現するには、受験要件をもっと緩やかにしなければならないかと思います。
 試験は毎年8月の第4日曜日に行われます。
 社会保険労務士の試験と同じ日です。
 午前と午後の2部に分かれ、午前が「情報処理技術系(60分)」、午後が「医学・医療系(60分)」と「医療情報システム系(90分)」になります。
 9時30分に入室開始し、あいだに昼食を挟み、16時30分に試験が終了します。
 社会保険労務士の試験も午前と午後に分かれており、時間配分が似ています。

20140527_iryo-jyoho-gishi_5_10020140527_iryo-jyoho-gishi_4_10020140527_iryo-jyoho-gishi_5_100

試験範囲

 

情報処理技術系

コンピューターの基礎 情報の表現
ハードウェア
ソフトウェア
マルチメディア
ネットワーク技術 ネットワークの役割
通信プロトコル
機器構成と伝送能力
データベース技術 データベースの役割
データモデル
関係データベース
SQLによるRDBの操作
DBMSのトランザクション管理機能
データベースの運用と保守
医療情報の性質とRDBの課題
情報セキュリティ 情報セキュリティとは
ネットワークの脅威に対する情報セキュリティ技術
暗号化技術と認証技術
認証技術(ユーザー認証)
情報セキュリティを確保する技術
システム開発 システム管理の役割
資源管理
ユーザー管理
セキュリティ管理
障害管理
性能管理
システム監査
VDT作業者の労働衛生管理

 

医学・医療系

医学医療総論 医の倫理
医療の評価とは
医療制度と社会医学 医療制度
社会医学
医療管理 医療・病院管理
医療安全管理と施設管理
医学・看護学 臨床医学
臨床看護
検査・診断 臨床検査
医療画像診断
超音波検査
内視鏡検査
処置・治療 医薬品
処置・治療・手術
医療プロセス 診療プロセス
介護プロセス
EBM
診療ガイドライン
診療録およびその他の医療記録 医療記録の定義
医療記録に関する法規定
医療記録の書き方
入院時の記録(初期記録)
経過記録(Progress Note)
医療に関わる諸記録の取り扱い
医療記録の標準コード
医療記録の電子保存
医療統計 医学・医療統計の基礎
疫学統計
臨床データの収集と分析

 

医療情報システム系

医療情報の特性と医療情報システム 医療情報システムの歴史
医療情報の特性
医療への情報通信技術の応用
医療情報倫理
医療情報の取り扱い
医療情報システムの安全管理
医療記録の電子化の変遷
病院情報システムの構成と機能 病院情報システムの概要
病院情報システムの機能
病院情報システムのハードウェアとネットワークの要件
病院情報システムの導入と運用 組織体制と組織間の調整
設計開発から稼動まで
仕様書
契約
運用管理
システムの評価と改善
システム運用管理規程
医療・福祉・保健を支える様々な情報システム 診療所の情報システム
地域における医療・福祉・保健情報システムの種類
介護保険制度と介護事業を支える情報システム
訪問看護を支える情報システム
健診システム
広域の保健医療情報システム 広域システムの考え方
広域システムを支える技術
遠隔医療システム
地域医療ネットワークシステム
生涯にわたる個人健康情報の管理
医療情報の標準化 医療標準化の概要
コンテンツの標準化・海外
コンテンツの標準化・国内
医療情報交換の標準化
医療支援のためのデータ分析・評価 情報分析の概要
病院管理のための情報分析
医学研究のための情報分析

 

学習法

 基本的な学習法としては、医学書専門の南江堂から発売されている医療情報技師の教科書、「医療情報技師 情報処理系」「医療情報技師 医学医療系」「医療情報技師 医療情報システム系」で学習します。それに「医療情報サブノート」「解説 医療情報技師能力検定試験問題」「医療情報技師能力検定試験 過去問題集」などを読み、学習の理解を深めます。他の資格における学習もそうでしょうが、やはり過去問の学習が中心になります。

20140527_iryo-jyoho-gishi_10_10020140527_iryo-jyoho-gishi_2_10020140527_iryo-jyoho-gishi_8_10020140527_iryo-jyoho-gishi_1_100

認定証

 試験後、一か月程度で、「合否判定結果通知」が届きます。合否はすでにホームページで確認できていますが、科目ごとの得点が明らかになっていないので、「合否判定結果通知」で、初めて確認できることになります。
 合格していれば、それから暫くすると、賞状のような体裁の「医療情報技師認定証」と、身分証明書のようなカード型の「医療情報技師認定証」が届きます。
 試験というものは、何でもそうだと思いますが、合格したときが最もうれしい瞬間であり、学習の苦労が報われるときだと思います。
 ちなみに私の試験結果は、「情報処理技術系」がぎりぎりで、「医学・医療系」と「医療情報システム系」が結構高得点でした。

20140527_iryo-jyoho-gishi_6_10020140527_iryo-jyoho-gishi_7_100

一般社団法人 日本医療情報学会 医療上技師育成部会 医療情報技師ページより引用

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    行政書士・マンション管理士・社会保険労務士
    ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  •  政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。無党派層の方たちも含め、共有可能な目標にむかって、共に歩みを進めていただければ幸いです。
     入会していただいた方には、不定期になりますが、政策に関連したニュース、トピックス等を発信させていただきます。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ