*
*
*

ファイナンシャル・アドバイザー

 ファイナンシャル・プランナーとファイナンシャル・アドバイザーと、似たような名称が二つあって、紛らわしいので、説明させていただきます。

 ファイナンシャル・プランナー(FP)とは、日本FP協会(特定非営利活動法人(NPO法人))が主催する資格制度で、ファイナンシャル・プランナー(FP)について、以下のように説明しています。
 「結婚する、家を建てる、子供を留学させる、老後は海外で過ごす…など、わたしたちの将来の夢や目標をかなえるためには、まず、実現までの計画をしっかり立てることが大切です。この人生設計が「ライフプラン」です。そして、わたしたちの夢や目標に対して、総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法が「ファイナンシャル・プランニング」です。これらの計画を立てるためには、金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、わたしたちの夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナー、いわば、「家計のホームドクター®」のような存在がファイナンシャル・プランナー(FP)です。」

 それに対し、ファイナンシャル・アドバイザー(FA)は、銀行業務検定協会が主催する銀行業務検定試験の一つで、主として銀行・保険・証券等金融機関の渉外・営業の担当者等を対象に、個人顧客のファイナンシャルプランの立案、税務相談等に対して、有効適切にアドバイスするための実践的知識について、その習得程度を測定する検定試験、資格制度の名称ということになります。試験の範囲は「FA総論/資産形成・資産運用/保険・年金等/税務(所得税,相続税・贈与税等)/事業承継/不動産活用/その他」になりますので、ファインナンシャル・プランナーの業務範囲と、ほぼ同様になると考えて差し支えないかと思います。

ファイナンシャル・アドバイザー試験

実施日
2017年10月22日(日)(例年10月の後半に行われ、2017年の実施日です)
実施時間
13:30~16:30(午後)

試験範囲

出題形式 五答択一式 20問(各1点)
穴埋記述式 5問(各4点)
計算・記述式 12問(各5点)
科目構成 (1)基本知識
五答択一式 20問
(2)技能・応用
穴埋記述式 5問(1問穴4個)
計算・記述式 12問
FA総論/資産形成・資産運用/保険・年金等/税務(所得税,相続税・贈与税等)/事業承継/不動産活用/その他
合格基準 満点の60%以上(試験委員会にて最終決定)
試験時間 180分 試験開始後60分間,終了前10分間は退席禁止

 私は住まいが東久留米なので、試験会場は国分寺にある東京経済大学を選びました。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    行政書士・マンション管理士・社会保険労務士
    ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  •  政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。無党派層の方たちも含め、共有可能な目標にむかって、共に歩みを進めていただければ幸いです。
     入会していただいた方には、不定期になりますが、政策に関連したニュース、トピックス等を発信させていただきます。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ