*
*
*

「人間と共に暮らしたい」、感情を学習して進化するロボットガール「Sophia」

 ディズニーで「イマジニア」としての経験を持つデビッド・ハンソン博士が立ち上げたHanson Roboticsで、人間の知性を超える人工知能の開発を目指し、女性型ロボット「Sophia」の開発が続けられているそうです。
 写真を見た感じでは、人間を模した女性型ロボットのクオリティが大変高く、驚かされます。
 日本でも人型ロボットの開発が進められ、開発の第一線にあったと思いますが、Sophiaを見てしまうと、色褪せて見えてしまいます。
 映画「ブレードランナー」に出てきた女性ロボット(映画の中ではレプリカントと呼ばれていました)レイチェルを見たとき、このようなものが本当に作れるのか疑問に思いましたが、Sophiaを見ていると、あながちそれも夢ではないように思われます。 
 AI搭載で、見た目も人間とそっくりのロボットが、近い将来、本当に誕生することになるかもしれません。

 以下、bouncyからの引用になります。

 ディズニーで「イマジニア」としての経験を持つデビッド・ハンソン博士が立ち上げたHanson Robotics。ここで人間の知性を超える人工知能の開発を目指し、女性型ロボット「Sophia」の開発が続けられている。ロボットが真に人間の感情を理解する日は訪れるのだろうか?

 感情を学習するロボット

「Sophia」はSXSW 2016で初めて公開されたソーシャル・ヒューマノイド・ロボット。50種類以上の表情を表現しながら、リアルタイムで自然な対話を行うことが可能だ。

 目の中にカメラを搭載し、視界に映る映像を処理して個人の識別にも対応。彼女の公式サイトでは「私は人間と共に暮らしたい」と書かれており、人間との交流を通じて、表現の背後にある感情を学習しているという。

 各界の著名人とインタビュー

 世界中のメディアから注目されたSophiaは、各業界の著名人とのインタビューで洗練された受け答えを見せ、人々を驚かせた。

 ロボットでありながら、ロボット関係のカンファレンスで登壇者として、プレゼンも成功させているSophia。2016年10月には世界で初めて、サウジアラビアで市民権も獲得しており、人権すら確立したといえる。

 ハンセン博士の想い

 Sophiaの生みの親であるハンセン博士は、人間の知性を超える機械を実現するには、人工知能に「創造性」「共感」「思いやり」を搭載することが必要だと考えているとのこと。この目標を目指して、Sophiaは人々との交流と、研究所での訓練により、日夜進化を続けている。

 人間の特徴ともいえる「思いやり」や「クリエイティビティ」。Sophiaのようなロボットが、人間の感情を真に理解する日が訪れるのは、そう遠くない未来なのかもしれない。

最近のニュース・トピックス

カテゴリー

アーカイブ


  • 後援会の代表者
    行政書士・マンション管理士・社会保険労務士
    ファイナンシャル・アドバイザー
    徳田 賢一
  •  政策への賛同者が一体になることで大きなうねりを引き起こし、党派にとらわれない新しい大きな波を市政に伝えることができるようになることを期待します。
     入会は無料です。無党派層の方たちも含め、共有可能な目標にむかって、共に歩みを進めていただければ幸いです。
     入会していただいた方には、不定期になりますが、政策に関連したニュース、トピックス等を発信させていただきます。
  • 後援会への入会申込ページ
  • 入会申込書(PDF)ダウンロード

ページトップへ